2018年8月 9日 (木曜日)

紫外線ライト

紫外線ライト(UVライトとかブラックライトとかも呼ばれる)を購入しました。

ピーク波長は365nm の、LEDタイプです。価格はそこそこしましたが、買って良かったかもしれません。

これを使ってトイレの汚れ(主に尿由来と考えられる)を調べたところ、意外な場所にまで飛散していることがわかりました。

通常であれば便器内側と便器周辺の床付近の汚染を考えるのですが、実際はそれだけではありません。

便器内側より、便器外側や便座と便器の中間あたりの汚染がひどく、見た目で汚れていないからといって拭き掃除をしなければ除菌できていないことが理解できます。

私は男ですが座って用を足すためか床の汚染は少なかったです。

その他の部分にも紫外線を照射して調査を進めると、さらに色々な情報を得ました。

壁紙は紙そのものが蛍光を発するので見えにくいですが、大きく汚染している場所が浮かび上がり、こんな場所まで汚れているとは・・・。

少し離れた位置にある、手を洗うための小さな水道設備の部分がかなり汚染されていました。水滴が残る部分に汚れが吸着されているように思います。

便座後部にある水タンク周囲の汚染は、それほどでもありません。

これらの飛散のほとんどは排尿時の飛散ではなく、水を流して便器内を浄化するときの飛散であると思われます。私は蓋をしてから水を流すよう心掛けているのですが、けっこう遠くまで飛散していることになりますので、豪快な滝よろしく利用され、蓋を開放し微細な霧を発生させながら流しておられる方はトイレ全体と、そこから出たあたりの汚染に注意された方が良いかもしれません。

尿による汚染を軽減するには・・・

座って静かに用を足す。

蓋を閉じてから水を流す。


|

«気温の最高値を更新